☆近況報告☆


    34カ国目 ラオス!!

    なんでかんだでパクセー到着!!

    英語が全く通じない悪戦苦闘の毎日だ。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
    ↑↑↑
    ブログランキングに参加してます!ポチっと応援お願いしま~す☆


    スポンサーサイト

     --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

    1ドルの価値 in NY

     2010-09-01
    NYには美術館や博物館、ギャラリーがたくさんあり、有名な作品が数多く展示されている。
    その中でもセントラルパークを挟んでメトロポリタン美術館アメリカ自然史博物館には、数多くの貴重な絵画や彫刻などの作品や、自然科学・博物学に関わる多数の標本・資料を所蔵・公開している。


    DSCN3528.jpg
    メトロポリタン美術館



    DSCN5540.jpg
    アメリカ自然史博物館
    残念ながら外観は工事中だった、、、



    作品の内容を見ても、絶対行きたいような、美術館、博物館なんだけど、料金がちょっと高いんだよね。
    歩き方とかには20ドルとか18ドルって書いているし、学割でもだいたい10ドルぐらい。
    物価の高いアメリカで、金のないバックパッカーにはちょっとキツイ。。。。






    さすがに入館するのを、ちょっとためらってしまうけど、








    このメトロポリタン美術館とアメリカ自然史博物館、











    実は、、、












    1ドル で入園できるのです!!! 



    受付で1ドル出して、ticket pleaseと言えばチケットくれる!!!






    なぜかというと、メトロポリタン美術館とアメリカ自然史博物館の入場料は、任意という形をとっていて、ガイドブックや、館内に提示されている料金はあくまでも推奨金額であるだけで、定額ではないのです。

    だから自分が払いたいだけ払えばOK♪




    両方ともとんでもなく広い展示スペースと、とんでもない展示数だから、ゆっくり作品を観ようと思ったら丸一日かけても全てを観るのは難しいと思う。
    だけど、任意制の料金なら何日かに分けて鑑賞しても、とんでもない金額になることにならないのでおススメしますよ♪


    本当に素晴らしい作品が多い美術館と博物館なので、ゆっくり見てほしい。












    ちょこっと説明。


     ❖ メトロポリタン美術館 ❖ 

    世界三大美術館のひとつで、ニューヨーク三大名所のひとつ。 人間の歴史と存在意義を美術で以って語りかけてくる、メトロポリタン美術館。 メトロポリタン美術館は巨大なので、何を見るかあらかじめポイントを絞って、時間も決めて見たほうがいいです!!オレは途中で閉館時間が来たんで泣く泣く美術館を後にする事になった。
    (しかも、1ドルで入れるって知らなかった頃だったから、ショックがデカかった。。。)

    どれだけデカイかというと、1日では全て見切れないし、全展示物を1つ1分の割合で見ていくと13年かかるらしい!笑。
    ずっと見るのも疲れるし、通常は3時間程度がちょうどいいんじゃないかな?時間がある人は何日かに分けて行くのがいいと思う。
    ヴェロッキオやゴーギャン、ゴッホ、モネ、ルノワール、ポール・シニャック、シスレー、スーラ、エドガー・ドガ等など素晴らしい画家の作品が数多く観賞できる、世界最大級の美術館。



    DSCN4192.jpg
    入り口付近



    DSCN3997.jpg
    デンドゥール神殿



    DSCN3999.jpg
    神殿の中心部



    DSCN3983.jpg
    Diana
    この“Diana”はマディソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden)の天辺に、1894年に取り付けられたDianaの半分のスケールで作られたものだそうです。



    DSCN3846.jpg
    Portrait of Thora Klinchowstrom / アメデオ・クレメンテ・モディリアーニ(Amedeo Clemente Modigliani)



    DSCN4127.jpg
    Two Young Peasant Women / オーギュスト・ルノワール(Auguste Renoir)



    DSCN4130.jpg
    ガレンヌ村の橋 / アルフレッド・シスレー(Alfred Sisley)



    DSCN4162.jpg
    よく見ると、誰もが一度は見たことがある作品が!!

    DSCN4149.jpg
    麦わら帽子の自画像 / ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)



    DSCN4158.jpg
    Notre Dame de la Garde / ポール・シニャック(Paul Victor Jules Signac)



    DSCN4164.jpg
    サーカスの客寄せ / ジョルジュ・スーラ(Georges Seurat)



    DSCN4173.jpg
    睡蓮 / クロード・モネ(Claude Monet)



    DSCN4058.jpg
    世界の甲冑コーナーには日本のサムライの鎧兜も


    DSCN4062.jpg
    名刀 村正






     ❖ アメリカ自然史博物館 ❖

    1869年に創立され、約140年もの歴史がある博物館。大型恐竜の化石や他では滅多に拝見できない動植物の展示物や、最大規模のプラネタリウムがある地球宇宙ローズセンターの球形のスペースシアターも有名な博物館。
    映画ナイトミュージアムのモデルにもなった場所です。

    DSCN5657.jpg
    チケット売り場を越えるとゾウ達が迎えてくれる



    DSCN5591.jpg
    魚類コーナーには大きなシロナガスクジラの実物大模型が



    DSCN5553.jpg
    子供達がたくさん見学に来てます


    そして、アメリカ自然博物館の目玉は恐竜!!

    DSCN5639.jpg
    実物大の模型や、



    DSCN5654.jpg
    迫力のある化石が数多く展示されている


    DSCN5609.jpg
    アメリカ自然歴史博物館の管轄であるひとつであるヘイデン・プラネタリウム



    DSCN5662.jpg
    外から見たヘイデン・プラネタリウム





    両方とも作品がありすぎ!!笑
    全く紹介できないほどだ。



    あと、NHKのみんなの歌メトロポリタンミュージアムという曲があるのを発見。
    なぜかグロイ曲になってます、、、、

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm183724

    もしかしたら見たことあるかもね。



    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    にほんブログ村
    ↑ブログランキングに参加してます!ポチっと応援お願いしま~す☆
    教科書でしか見た事なかった作品がそこらじゅうに!!!

    スポンサーサイト
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。