☆近況報告☆


    34カ国目 ラオス!!

    なんでかんだでパクセー到着!!

    英語が全く通じない悪戦苦闘の毎日だ。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
    ↑↑↑
    ブログランキングに参加してます!ポチっと応援お願いしま~す☆


    スポンサーサイト

     --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

    ストロベリー・フィールズよ、永遠に、、、 in NY

     2010-08-28
    NYに行ったら、絶対行こう決めていた場所のひとつにセントラルパークがある。
    マンハッタンのど真ん中にある都市公園で、南北4km、東西0.8kmの広さもある大きな公園だ。
    マンハッタンに住む人々のオアシス的な場所になっており、映画やテレビの舞台としても度々登場しているから、初めて訪れているのに見られた風景があちこちに広がってるな。

    セントラルパーク002
    ボートから見える、マンハッタンのビルが素敵すぎる☆


    もともと、このセントラルパークの場所は巨大なゴミ捨て場だったらしいのだけど、現在の公園内は、大きな湖や各種スポーツ用の芝生のエリア、2つのアイススケートリンク、自然保護区、そしてそれらを結ぶ遊歩道など、とてもじゃないが、ゴミ捨て場だったなんて思えないほど、素晴らしい風景の公園になっている


    セントラルパーク0011
    お洒落な噴水



    セントラルパーク014
    ハチ



    セントラルパーク010
    思い思いに楽しんでいる人達



    セントラルパーク012
    野生の鳥達もこんな都会のど真ん中に



    セントラルパーク0051
    ベセスダ噴水
    多く映画のロケに利用されている場所で、大勢のストリート・パフォーマー達とそれを見学する人々で賑わいるよ。



    セントラルパーク011
    結婚式の写真を撮っている日本人のお二人の姿も


    セントラルパーク004
    ウォルマン・メモリアル・リンク
    冬はアイススケート場、夏は子供向けの移動形の遊園地になっている



    セントラルパーク006
    ノース・メドウでは野球や、様々なスポーツをしている人達で溢れている



    セントラルパーク013
    ???
    名前わかんないや~笑












    そんな本当に自然の中にいるようなセントラルパークの一角に、必ず行きたかった場所がひっそりとあった。

    その場所の名前は、ストロベリー・フィールズ(Strawberry Fields ) 

    セントラルパーク007

    かかげられたIMAGINEの文字は元ビートルズのジョン・レノンの名曲

    ジョンのメモリアルと平和を祈るIMAGINEのモザイク模様の碑(オノ・ヨーコがデザイン)を拝むために、日々多くの人がこの場所にやってくる。



    ストロベリーフィールズは、1985年10月9日ジョンのバースデーに当時のNY市長であったエドワード・コッチ氏によって贈られ、ビートルズの曲ストロベリー・フィールズ・フォーエバーから名づけられた場所です。
    生前ジョンは、妻のオノ・ヨーコや息子をつれてここを歩いたと言われている。





    ストロベリーフィールズのすぐ近くには、ジョンとヨーコの住まいであったダコタハウスがある。

    セントラルパーク008

    1980年12月8日ジョン40歳の時に、このダコタハウスの玄関にて、ある狂信的なファンによって命を絶たれた。
    現在もダコタハウスは高級マンションとして多くの人達が住んでいるが、入居の審査が厳しく、人気のアーティストたちでも入居を拒否されたということで話題にのぼるっている。どうやらお金を持っているだけでは入居を認めてもらえないらしい。

    んでもって、ダコタハウスの多くの部屋がオノ・ヨーコ所有になっている。





    イマジンのモザイク碑には毎日花が飾られていて、ヒマワリやバラなど、花の種類も違えば、デザインも違っている。
    てっきり訪れるファンが花を飾っていくのか、花屋と契約して毎日花を飾るようにしているのかと思ったら、まったく違っていた。

    なんと、一人の男性が14年間欠かさず花を飾っているというではないか。 

    セントラルパーク0052


    彼はみんなから 『ストロベリーフィールズの市長』 と呼ばれていて、ストロベリーフィールズに居なくてはいけない存在として、みんなに愛されていた。
    気になって気になってしかたなかったから、ネットでも調べてみると、彼の素敵な言葉があった。


    「皆は俺のことをストロベリーフィールドの市長ガリー(Gary)って呼ぶんだ。もう14年間、毎日欠かさずこうして花を飾っている。俺はロックを愛していて、もちろんビートルズも大好きだ。一人の男がへまをやらかした(ジョンを銃殺した)せいで、ロックの歴史が混乱してしまった。だからこうしてロックのために、平和を祈るために続けているんだ」




    なんて素敵な人なんだろうな~

    残念ながらガリーに会うことは出来なかったけど、ストロベリーフィールズの素晴らしい歴史に触れる事ができ、なんだか嬉しい気分になったよ。
    この場所では誰かが歌っているIMAGINEがどこからともなく流れてくる。




    Imagine there's no Heaven
    It's easy if you try
    No Hell below us
    Above us only sky
    Imagine all the people
    Living for today...

    Imagine there's no countries
    It isn't hard to do
    Nothing to kill or die for
    And no religion too
    Imagine all the people
    Living life in peace



    想像してごらん 天国なんて無いんだと
    ほら、簡単でしょう?
    地面の下に地獄なんて無いし
    僕たちの上には ただ空があるだけ
    さあ想像してごらん みんなが
    ただ今を生きているって...

    想像してごらん 国なんて無いんだと
    そんなに難しくないでしょう?
    殺す理由も死ぬ理由も無く
    そして宗教も無い
    さあ想像してごらん みんなが
    ただ平和に生きているって...




    セントラルパーク009

    今日は一日ジョン・レノンを聴きながら街を歩こう


    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    にほんブログ村
    ↑ブログランキングに参加してます!ポチっと応援お願いしま~す☆
    ストロベリー・フィールズよ、永遠に、、、
    スポンサーサイト
    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:
    http://kaduhisasignal.blog62.fc2.com/tb.php/209-dd819c4a
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。