☆近況報告☆


    34カ国目 ラオス!!

    なんでかんだでパクセー到着!!

    英語が全く通じない悪戦苦闘の毎日だ。

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
    ↑↑↑
    ブログランキングに参加してます!ポチっと応援お願いしま~す☆


    スポンサーサイト

     --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

    イサム・ノグチの作品に憧れて in NY

     2010-09-29
    NY滞在中のお話。


    「私にとって意外性のないものは芸術ではない」

    この言葉を残したのは、日本人とアメリカ人の混血の芸術家イサム・ノグチです。
    彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家など様々な分野で活躍されたイサム・ノグチですが、彫刻などの作品は知らなくても、カフェなどによく置いてあるコーヒーテーブルや照明(AKARI)を見た事がある人も多いはず。


    DSCN5513.jpg
    手前にあるのがコーヒーテーブル



    DSCN5506.jpg
    AKARIの作品



    DSCN5512.jpg
    こういうのも作ってます。




    NYのマンハッタンから少しはなれたロングアイランドにイサム・ノグチ美術館があります。
    ウォール街にあるSunken Gardenは工事中だったから、こっちに期待してやってきた!!


    DSCN5412.jpg

    外から見ると、変な三角形の建物。本当にここが庭園美術館なのかな?って不安になっていると、中に入ってビックリ!外からでは想像ができない程の広さのスペースが設けられていた。


    DSCN5424.jpg
    まるでNYの中にある日本庭園
    笹や砂利道にこんなに癒されるなんて考えた事なかったな。笑



    DSCN5518.jpg
    日本では珍しくないのかもしれないけど、海外で見ると感動してしまう。




    ミケランジェロの再来と謳われた巨匠イサム・ノグチ
    この人の生い立ちは非常に興味深く、日本人の混血である事から、常に葛藤し続けた少年時代を送っていた。
    そんなイサム・ノグチを画家の道を志すよう勧めてくれたのは、なんと当時NYに住んでいた野口英世であったのは有名な話。
    同じノグチという名前の日本人が、アメリカで成功している事でイサム・ノグチにとって大きな支えとなった。ここに歴史の偶然と面白さがあるね。
    今後食べるのに困らない資格を手に入れたほうがいい、という医者でもある校長先生の助言から、医学を学んでいたイサム・ノグチが野口英世に問いかけたのは、

    「医者と芸術家は、どちらが偉大ですか?」

    この問いに野口英世がこたえた言葉が、

    「医者に出来ることは限られている。父親のような芸術家になりなさい」

    イサム・ノグチはこの一言で、芸術家の道へ進むことを決心した。
    アメリカ人でもなく、日本人でもない苦悩の時代を過ごすが、日本の庭園の景観に感銘を受け、「空間を彫刻する」という分野に着目し、彫刻を通じてアメリカ有数の彫刻家として認められたのです。




      ❖イサム・ノグチ美術館の作品や館内❖

    DSCN5459.jpg


    DSCN5462.jpg


    DSCN5465.jpg


    DSCN5468.jpg


    DSCN5493.jpg


    DSCN5497.jpg


    DSCN5427.jpg


    DSCN5430.jpg


    DSCN5437.jpg


    DSCN5447.jpg


    やばい、、、。メッチャ癒されるわー。
    イサム・ノグチの作品って、彫刻や空間がなめらかで丸みを帯びててキレイって言うか、落ち着くっていうか、、、 
    作品の発する存在感やオーラみたいなものが居心地良くしてくれているのが伝わってくる。
    やっぱり作品を通して、空間を造形しているんだなー


    イサム・ノグチの美術館は日本にもあり、イサム・ノグチ庭園美術館として、四国の香川県にあるのです。

    実は、オレの実家のすぐ近く!!笑

    うどんだけでなく、香川は意外にも石の産地として有名で、四国の庵治石(あじいし)という石が墓石として最高級らしい。(オレも良く知らんかったけど、、、)
    そして、イサム・ノグチは石を求めて香川にやってきて、アトリエを作ったわけ。

    そんな有名な人だったなんて全然知らずに、小学校の頃なんて、勝手に庭園に入って、石の彫刻の作品とかでよく遊んでいた気がする、、、。そんな、世界的に有名な彫刻家のアトリエに勝手に入って遊んでいるなんて、なんてあつかましいガキだったんだろう。
    作品とか壊してなくてマジで良かった。。。


    そんなオレがイサム・ノグチの素晴らしさを知ったのが高校生の時、コーヒーテーブルに一目惚れしてからだ。

    DSCN5510.jpg

    欲しくて、欲しくて、買おうか散々悩んでたんだけど、本物はメッチャ高い!!(ニセモノなら4万ぐらいだったかな?)
    色々調べてるうちにイサム・ノグチがデザインしてることに気付いたわけ!!
    まさかそんな世界的に有名な人のアトリエが、こんな田舎にあるなんて知らないし、家の近くにあるなんて夢にも思わなかった!!
    多分イサム・ノグチって聞いても近所の人達は誰も知らないだろうな、、、笑


    カフェエリアに置いてある資料を見ると、
    DSCN5507.jpg
    しっかり屋島が写ってます!笑


    そこからイサム・ノグチの作品に虜になってしまったオレ。
    欲しい作品がいっぱいあるんだけど、、、

    ホント高っけーんだよな、、、ハァ━(-д-;)━ァ...

    しかも、買っても置く場所が無い。




    Isamu Noguchi Garden Museum(NY)
    http://www.noguchi.org/



    イサム・ノグチ庭園美術館(香川県)
    http://www.isamunoguchi.or.jp/index.htm

    うどん食べに行くついでにぜひ行って欲しい!!!
    完全予約制なのでご注意を!!)



    北海道にもモエレ沼公園ってのがあって、素晴らしい作品がいっぱいあるらしいです。
    いつか行ってみたい!!

    モエレ沼公園
    http://www.sapporo-park.or.jp/moere/index.php


    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
    にほんブログ村
    ↑ブログランキングに参加してます!ポチっと応援お願いしま~す☆
    まさか幼稚園の頃、姉貴と一緒につくしとか取りに行ってた場所が、、、笑
    スポンサーサイト
    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:
    http://kaduhisasignal.blog62.fc2.com/tb.php/223-68848063
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。